統合失調症の見える世界

妄想の世界に閉じ込められている

なぜポーカーで負けているかの考察

今ではpokerstarsの2nlzで-25bb/100handというとんでもないフィッシュな数字をたたき出しているが最初の1000ハンドぐらいは2ドルぐらいは勝っていた

なぜここまで負けるようになったか自分なりに考えてみた

まず時間帯である、週末の夜とかだとプレイ人口もふえ結果的にフィッシュもふえるので勝ちやすくなる

僕は平日の昼間に打っているため2nlzのなかでは強い人たちが残っている割合も多くなる

そしてスタッツが溜まってくるとエクスプロイトされていくのでそれで負けたのだと思う

思うにポーカーは個々に対応していくゲームだと考えている

これが麻雀だと一つの戦術でも普通に全体的に勝てるのだがポーカーは相手のプレイスタイルで最適解が変わっていくゲームなのだ

だから相手のハンドレンジやスタッツなどを研究しアジャストしなければいけない

そのステークスの強regの通りプレイすれば勝てるのではと考えているがどうだろう

スタッツが溜まるまではニット気味にプレイするかgtoでプレイすればいいと思う

とにかく麻雀は全体的にポーカーは個々に対応していくゲームではないかということだ

間違っている可能性もあるかもしれないが僕は現時点ではそうかんがえた

自分のプレイスタイルを固定せずに相手に合わせたプレイをしていくことが大事ではないだろうか

そしてそれがエクスプロイトするということだと思う

もちろんステークスが上がればgtoも大事になってくるから使い分けが大事になるのだと思うが2nlzでは必要ないと思う

僕が検証したところvpipを16% 3bet12%にしてショートスタック(50bb)で入り

4bbオープンにしてスチールを狙う sbやBBのデフェンスとポストフロップ以降の勉強さえできれば2nlzは勝てるのではないだろうか

大きなペイオフはしないことが大事 ブラフもない前提で考える。