統合失調症1級の見える世界

妄想の世界に閉じ込められている

誰が金銭管理をするのか

昨日金銭管理センターについて調べたのだが

あれって生活保護世帯だと無料でやってくれるけどそれ以外の人は有料らしい

一回1200円 暴利だなと思った

npoに頼むこともできるがこちらも月11000円以上はかかってしまう

まずいよ 父はパーキンソンだか分からないが幻覚が見えている 

僕も幻覚が見えている 姉は買い物依存症

それで昨日不安になって胃が痛くなったのである

発狂しかけて精神状態がヤバかった

落ち着こう 冷静になって物事を見つめよう

3日前も書いていたように月額掛かる金額は以下の通りだ

 

食費46500 1450*30 米30kg 7000円
生活用品15000
医療12000 多ければ22000 パーキンソンなら32000
通信交通25000 15000-20000 多ければ45000
水光熱費15000
住宅51000
娯楽20000
税金10000

計235000

医療費は父は難病なのだが軽度なので助成費は出ないが一年の間に自己負担額が一万

(これは区分によって違うが)以上が3か月経てば安くなる

少なければ12000円ぐらいにはなるだろう

交通費はタクシー代である 15000円から20000は掛かると思っている

格安simに変えれば10000円は安くなるだろう

あとは前の会社にお金を一万ほど返す月も続いている

二十万ほど払わなければいけないが分割でいいと言われている

となると最大払わなければいけないのが約245000円で格安simや会社に返すお金、

医療費が安くなれば205000円ぐらいにはなるだろう

 

収入はどうか、障害年金2級が二人で月140000 老齢年金が90000 市役所から手当てが入って5000前後 だから235000円になる

 

最も老齢年金は一年後なのでそれまでなんとかしなくてはならないが

とりあえず父はa型作業所に僕はb型作業所に行けばいいと思う

そうすると 140000+80000+10000で若干貯金を崩すが耐えられる範囲である

 

本当は僕もa型作業所に行きたいのだが尿意が怖いし何よりも陰性症状が来たら何もできないのである。

それにしても誰が金銭管理をすればいいのだろうか

ハッキリ言ってこれは詰んでるのではないだろうか

医療費代とタクシー代で4,5万かかる

いずれにしてもb型にはいかないといけないか 時給110円の

ライティングやアフィリエイトをやってもいいかもしれないがサーバー代もかかるし

文字の変換候補が間違っているかもわからないのである

どうすればいいのだろうね本当に 父もまだ50代だよ いろんな病気を抱えてる

家族全員障害者だし 僕は前世で何か悪いこともしたのかと思うぐらいである

 

というか父が介護になったら詰まないか金銭的に

年金カットもなっていくだろうし

今日病院に行く予定だがどうなるんだろう

 

尿意について

統合失調症になって一番悩まされていることが尿意である

尿意になるときは無意識的に不安を感じているときだ。

だから外に出ていると結構な確率でなる

10回に7回はなるだろう

そしてこの尿意だが普通だったら排尿すればなおるだろうが僕の場合そうではなく

精神的に落ち着くまで尿意が続くのだ。尿が膀胱に溜まっていなくてもである。

それでこの症状になると集中力が勿論なくなり頭の中は尿意で占められてしまうのだ

おそらくオランザピンが関係していると思われる

抗コリン作用があるらしいと分かった

これは閉尿とかも引き起こすらしいが僕の場合は尿意だった

これではa型作業所にも通えない、ベオーバは4時間しか効かないうえに休憩時間と通勤時間まで考えると無理である

僕が再発したのもこの尿意が原因であり、リスペリドンに変えたが陽性症状を抑えきれずに入院することになったのだ

だから尿意が治らなければ僕は働けないのである

まぁ、陽性症状や陰性症状、認知機能障害も関係してくるがいずれにしろこの尿意が

一番厄介なことに間違いはないだろう

なぜならライティングならa型作業所に通えなくもないと思うからだ

陰性症状と陽性症状の度合いにも変わっていくが

しかしたぶんだが陰性症状も本格的に来るのではと思う

そしたらa型作業所ももちろん働けないだろうな

10年ぐらい続きそうな気がするしそもそも陽性症状も良くなるかどうか

統合失調症になりたくはなかった、それだけは間違いない

無意味

僕ができることなんてあるのだろうか

一部はできるかもしれないが苦手な事ばかりだ

妄想が仮になかったとしても尿意や認知機能障害でa型作業所も無理だったろう

なにせ二日勉強しないだけですべてを忘れたぐらいだからな

尿意もひどく最近もなったしベオーバを飲んでも4時間が限度なので

働けやしないだろう

ライティング、絵を描くこと それぐらいしかできないが

行けたところで在宅で働くことが出来るb型作業所ぐらいだろうか

今は陰性症状も若干あり何もやる気がしない。

アフィリエイトにも興味はあるが

妄想の広告があるかもしれないし 

おそらくサイトの順番も本来のと変わっている気がするというのは確信している

本来あるURLにwwwが無かったり アニメやゲームの絵の色も再発前とは変わっていたりである

本来僕がやりたいのはプログラミングや麻雀やポーカーだ

しかしそれらすべて今の状態では無理だった。

というか再発前も無理だっただろう

何で生きているか分からなくなってきた

陰性症状になると自分が好きなことは何かが分からなくなってくるのだ

僕は何がしたいのか、この気が狂いそうな時間をどう過ごせばいいのか

全く分からない

何が妄想で何が現実かも分からない

今いる場所は本当に家なのか?

このサイトは現実に存在するのか?

自分は存在しているのか?

僕は誰なんだろうか

 

経済苦

経済的に厳しい

今は障害年金と失業手当で何とか食えているが4月からなくなるのでどうすればいいかと思案している

今貯金は150万ぐらいあるがあと一年で親が60になるので老齢年金が入るわけだが

そうなると障害年金二級*2+90000と市役所から障碍者手当がもらえるので計235000円

といったところである

ぼくは手帳は1級だが年金は二級なので70000円入ってくる

僕の姉も同じく手帳一級年金2級である

老齢年金が入ったら最低生活費より超えてしまうので生活保護は無理なのだ

そうなると医療費代と引っ越し代も考えていかなければいけない

月2万は最低貯金しなければならないのだ

そこでプランを考えていった結果、次のようなプランになった

食費46500 1450*30 米は30kgのを買う 7000円 3か月は持つ
生活用品15000
医療12000
通信交通30000
水光熱費15000
住宅51000
娯楽20000
税金10000

計約200000円 格安simになって非課税世帯の場合

なぜ通信・交通費が高いかというと父は足が悪く車もぶっ壊れたからだ

さらにパーキンソン病の疑いもあり幻覚が見えるので運転はできない

タクシー代で15000円はかかるだろう ーー生活保護なら通院する場合はタダだーー

あるいは移動支援を使ってガイドヘルパーとともに車いすで電車に乗って通うこともできるかもしれないが考え中だ

そして前にも書いた通り235000円入るので生活できるのではないだろうか

 

老齢年金が入るまでの一年貯金を崩さないようにするには

父がa型作業所に行くのが一番いいと思う

僕も行きたいところだが尿意や陰性症状になった時を考えると無理そうだから

行けたらb型作業所にするのがいいと思う

ついでにライティングの勉強もしておけばいいのではないだろうか

 

生活保護は底辺だと思われるかもしれないがそれより底辺なのが

生活保護の最低生活費よりは上だが

引っ越し代も貯められないという人たちだと思うのだ

小泉政権のせいで老齢加算がなくなったからね

これからさらに年金カットもあるかもしれないし

日本の将来は暗い、僕の人生も暗い

それでも生き続けなければならないのだ

 

サブスク時代の今

最近はサブスクが当たり前になってきている

アニメなどの動画から任天堂sonyのオンラインプレイ、adobeのソフトなどである

これだけサブスクがあれば複数のサブスクを契約して月額費用が馬鹿高くなる人もいるだろう

僕はkindle unmilitedとdアニメストアN予備校の3つを契約しているがこれだけで

月2500円ぐらいになるので結構な額である

さらに僕は任天堂のオンライン利用券も買っているので全部で約3000円か

clip studioも月額利用しなければいけないデバイスもあるのでサブスク地獄な世の中である。

特にadobeが高い 安く買っても月3000は掛かるので無視できない金額である

affinty designerやdavinci risolveなど買い切り制で代替えできるソフトは貴重だと思う

しかし求人の中にはadobeを使わなければいけないのも結構多い

サブスク時代の今 買い切り制に戻って欲しいと思う一面もあると僕は思った

続けられることが才能

タイトルにも書いてある通り才能とは続けられることだと思っている

これは前にも書いてあることだが掘り下げて書いていこうと思う。

僕は昨日の記事で文体を変えてwebライティングの本を読みながら書いてきたが

はっきりいって辛かった、というか続けられそうな気がしなかった。

もちろんやっていくうちに苦手意識がなくなり楽しくなるパターンもあると思う

しかし僕の場合はそうではないんじゃないかと思っている。

例えば僕は2018年から2021年の3年間絵を毎日一時間は描いてきた

正直にいうと本来僕は絵を描くのが嫌いだった。

中学のデッサン授業ではクラスの中で一番下手だったしコンプレックスにもなった

陰性症状が出て何もかもがつまらなくなったときに

「だったら絵を描いてもいいのでは」と感じてコンプレックス解消のために描くことにした。

その結果もあって僕の中では最初よりは断然マシなレベルへと上達したのである

そして自分の画力に満足してしまった、絵を描かなくなったのである。

これはなにも絵に限ったことではない、ブログとかも何年も書いてきたのに突然更新が止まったブログも数えきれないほどあるだろう。

物事を続けていられれば練習方法さえあっていれば上達はしていく

少なくとも初心者が中級者になるぐらいまでは上達するだろう。

つまりやればやるほど上達するのでありそれに必要不可欠なのが情熱なのだ

「やる気」これが一番大事な要素だ

嫌なことを続けていてもいつかはやめてしまうだろう

これが自分が好きで好きでたまらないといったばあいはどうだろう?

時間があるのなら一日5時間は楽勝にできる

僕の場合はネット麻雀だったが毎日5時間以上プレイしてきたし時には15時間1か月続けてきたこともあった。

たかがゲームと思う人もいるかもしれないがジャンルによってはここまでできない人もいるだろう。

つまりはゲームであれなんであれ、自分が情熱を注げられるやつが一番長続きして

そのジャンル次第によっては金になることもあるということである

あとはライティングの場合日記を書くか相手に向けた記事を書くかによっても

情熱もかわってくるだろう。

この記事を書くときはすらすらと書けているが、これが特定のジャンルで他人に役立ちそうな記事を書くとなると時間がかかってやる気も無くなるので自分用の日記か

読者を意識した記事を書くかによっても変わるのだ。

そして僕の場合文章を書くのが特段に好きっていうわけではなく

このブログを作ったのも自分の日記みたいなものである

だから文字数を気にしなくてもいいし気楽に書けるのだ。

もう1000文字超えた、早い、圧倒的な早さである10分から15分で書けた

前回の記事は2100文字で1時間半かかった。

自分の事だけ書くならストレスもかからない。

これがwebライティングだとどうなるか、読者層を意識しないといけなくなる

SEOも考えなくてはいけない、調べ物もしないといけなくなるのだ

同じ「書く」という行為でもこんなに変わるのだ。

だからこそ自分が好きな仕事に就くのがいいと僕は思っている

中には自分の好きなことを仕事にしちゃいけないという人もいるけど

どっちがいいかなんていうのは自分次第なんだよね結局

十人十色という言葉もあるしね

それで僕の話に移るが僕は動画編集やプログラミングに興味を持っている

動画編集は少しやっただけなので自分に向いているかはわからないが

少なくともpythonというプログラミング言語に関しては自分に合っているなと感じた

だが知識を覚えても実務に耐えないという気はする

IT業界は過酷な業界らしいからだ、少なくとも統合失調症2級以上ができるのは難しいのではと思う。

というか僕の場合妄想があってできないし、やはりwebライティングしかないのだろうか。

したいこととできることが解離している。

健常者なら普通にできることも僕にはできない。

これが辛いことなんだよね

陽性症状以外にも陰性症状、認知機能障害、尿意、頭痛などたくさんの障害を抱えているのだ。

あとはアフィリエイトも難しいと思う、何が妄想で何が現実か全くわからないからだ

僕の続けたいと思う仕事と実際にできそうな仕事は全く違っている。

それが一番つらいよ、自己肯定感が無いのも自分が理想と思うのと現実とのギャップが大きすぎるから。

辛いことしかないのだ、今までも、今も、これからも

僕の人生はなんなんだろうか・・・

最後に僕が最近描いた絵 下手になったな 続けられることが才能だとつくづく思った

f:id:rabbit2525:20211201082011p:plain

 

webライターになれるのか

コロナ禍でリモートワークが増えてきている今、

パソコンでできる仕事がやりたいという人も多くなったと思います。

パソコンを使う仕事はたくさんありますが、

この記事では何がオススメなのかを書いていきます。

 

まず、僕が特におすすめするジャンルのものを箇条書きにしました。

1.プログラミング

2.webライター

3.動画編集

4.イラスト・3DCG

5.せどり

6.アフィリエイト

 

これらをベストな順で比較すると 

プログラミング>webライター、動画編集>アフィリエイトせどり、イラスト 

です。

なぜプログラミングが一番おすすめかというと、

IT業界は今も人手不足で需要が供給より多いので就職しやすいからです。

またリモートワークができる仕事も多いのでプログラミングをやってみて、自分に合う仕事だなと思ったらやってみるといいでしょう。

勉強するサイトはN予備校が非常に良く、僕も使っていますが初心者の人でも分かりやすいカリキュラムで就職できるように作られています。

有料ですが月額費用もリーズナブルで1100円で受講できます。

プログラミング入門コースでは一年かけて就職できるスキルまで上げてくれる教材がありますが、その他にも充実していてwebデザイナー機械学習Python)、スマホアプリの開発まで丁寧に教えてくれます。ゲーム開発したい人にもunityを使ったプログラミングを教えてくれます。

さらにN予備校のいいところは英語や数学などの勉強も充実しています。

元々、大学受験用に作られているので生物や社会なども当然あるので

大学受験を目指す人にもおすすめだといえるでしょう。

 

しかし、プログラミングを勉強してみて「これは自分に向いてないな」という人もいると思います。

そこで次におすすめなのがWebライターです。

webライターとはwebサイトの記事を書く人の事です。

特に資格もなく誰でも気楽に取り組むことが出来ます。

文章力も高度なものが求められるのではないだろうかと不安になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかしwebライターは小説家のように芸術性が高い文章を書くわけではありません。

商品など紹介したり、読者が知りたいことを教えたりするのが仕事なので

中学生レベルでもわかる文章で書いていきます。

またどういう構成で書けばいいかというのも決まった型ができているのでその通りに

書けばいいだけです。

あとはどの読者層に向けて書いていくかということや、何を求めて検索しているか、その答えを教えてあげられるかなどが重要だといえるでしょう。

そのためwebサイトや書籍、SNSなどの情報収集をいかに上手く使えるかがカギになってきます。

専門性の高い記事を書けたり、webデザインなどもできて一からサイトを作れたりすると報酬も高くなります。

また道具もインターネットにつなげるパソコンがあればすぐにできるのでお金もそこまでかかりません。

さらにwebライターになれる実力があれば自分でサイトを作ってアフィリエイトをやって広告収入も得られるかもしれないので一石二鳥です。

 

そういうわけでwebライターもおすすめなのですが文章を書くのは性に合わないという方もいると思います。

そこでつぎにおすすめなのが動画編集です。

今はyoutubeという動画サイトが流行っていますよね、その動画を作っていく(動画編集)わけですが、学習時間が少なくて1か月から3か月もすれば動画編集のスキルを身につけられるので手っ取り早く収入に繋げたい人にお勧めだと言えます。

動画撮影もできるとさらにライバルと差別化ができるので余裕があるなら勉強しておくと良いでしょう。

 

ところで絵を描くのが好きなひとも中にはいるのではないでしょうか

イラストも収入にできます、例えばクラウドソーシングであったりココナラというサイトで出品したり、メルカリなどで売ったりできるので絵に自信がある、絵を描くのが好きだという人はイラストを仕事にするのもいいと思います。

絵が上達するにはどういう手法でやっていけばいいか悩んでいる方もいると思いますが

僕の過去記事にも書いてあるのでぜひ読んでくださるとうれしいです。

また絵が好きなら3DCGなどにも手をつけるとさらに職の幅が広がっていきますので余裕があったらやってみるのもいいでしょう。

 

「スキル無しでできる仕事は無いの?」という人もいるでしょう。

ここまで紹介してきたのはスキルがいるものでした。

そこでだれにでもできて再現性の高い物を紹介していきたいと思います。

みなさんは転売ヤーという言葉をご存じですか?

安く買ったものをそれより高く売る人ですね、僕なんかは任天堂スイッチを定価より一万多く出して買った思い出もあります。

その任天堂スイッチを売ったひとは一万円儲けたわけですね。

こんな風に安い物を高く売る人たちを別名でせどらーともいいます。

転売と同じ意味の言葉でせどりというのがあるんですね。

何が高く売れるかをリサーチする能力が必要ですが手っ取り早く稼ぎたいという人にはおすすめできます。

 

というわけで6つのジャンルを紹介してきましたが役に立てましたでしょうか?

ざっと解説したのでよりこれらを詳しく書いていくのはのちの記事でしていこうと思いますが、大筋はつかめたのではないでしょうか。

この記事が役立てたら幸いです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

1時間半かけて書いたが改善すべき点は多い

PREP法や逆三角形などの型に当てはまってないうえにあまり多くのことを

解説していないと感じたが思ったよりはマシに書けたのではないかと思う

二千字書くのも結構大変だな 調べ物をするともっと時間かかるし

ちなみにいつもブログに書いてある文体は某掲示板スタイルである

句読点は付けないとかまさにそれだ